3次元測定システムで形状解析評価から、CADデータ作成まで、あらゆるニーズにお応えします。

3次元測定

 弊社の3次元測定機は、カメラ式の測定機とは違い、ベクトロン(型式VMC5546)という多関節型三次元測定装置を採用しております。
  測定する対象物を動かさずに測れること・360度あらゆる方向から測定できる為、測定精度が非常に優れたものになっています。測定有効範囲は、幅(X軸)3500㎜・奥行き(Y軸)3500㎜・高さ(Z軸)3200㎜で、大きいものから小さいものまで分けることなくデータを取ることが可能です。
 また、接触式のアタッチメントを着ける事により、原点を決めてからの測定も可能にになっています。

ベクトロンについての詳細はコチラから

形状解析評価

 ベクトロンで測定した点群データを使用し、対象物の形状を解析します。
SPGaugeという解析ソフトを使用して、高精度な形状解析を行います。

  • CADデータを使用する場合
    • 基準となるポイント・穴・基準線等がある場合
      有接触測定で基準を測定し、その基準を元に解析を解析を行います。
    • (実用例)
        ・金型・樹脂型等の型全般
       
    • 基準となるポイント・穴・基準線等がない場合
    • 測定した点群をSPGaudeの最適化機能を使用し、CAD面と点群の誤差の一番少ない位置を計算し解析を行います。(実用例)
        ・成型した製品等
       
  • CADデータを使用しない場合
    • SPGaugeを用い測定した点群を解析します。
    •   ・平面度の解析
        ・曲率の解析
        ・断面の解析
        ・断面の作成
        ・対称物の整合性の解析
        ・穴ピッチの解析
        ・量産品の誤差解析  等

    SPGaugeについて詳しくはコチラから

    サーフェスデータ作成

      ベクトロンで測定した点群データを使用し、ポリゴンデータからCADで使用できるサーフェスデータを生成します。
      Geomagic Studioというソフトを使用して、ポリゴンの穴埋め・スムージング・パッチ構成などを処理し、滑らかなNURBSデータを生成します。